いつの間にか増えていくシワ、歳を取るとある程度は仕方ないとは思うのですが 毎日のちょっとしたお手入れで シワを防止することは可能なんです。

kagamizyosei

5つの簡単ケアでシワを防止

□1紫外線対策を徹底する

sigaisen

シワの一番の原因は 紫外線による肌老化、紫外線にあたることの多い人はあたらない人に比べ圧倒的にシワの数が多いと言われています。

日焼けすると肌が乾燥し小じわも目立つようになりますよね!シワだけでなくシミ、たるみの原因にもなっています。

紫外線対策は 春夏だけでなく1年中必要です。

□2保湿ケア

hositu

肌の乾燥は 肌を守るバリア機能を低下させ肌の保水力を低下させてしまい 小じわの原因に・・。

朝晩の洗顔の後は 保水力のあるセラミドなどが配合された化粧品で しっかり保湿ケアしましょう。

□3コラーゲンの生成を促すビタミンCを摂取

bitamin

お肌のハリの元コラーゲンは 紫外線のダメージを受けると肌が弾力を失いシワたるみになってしまいます。

コラーゲンの生成を助けるビタミンC、ビタミンC誘導体配合の化粧品でのお手入れもですがビタミンCを多く含む果物など摂取するようにしましょう。

□4抗酸化成分の多い野菜や果物を摂る

sumu-zi野菜や果物に多く含まれるポリフェノールなどの抗酸化成分は紫外線やストレスなどで発生する活性酸素の害から細胞を守り肌の酸化(老化)を防いでくれます。

□5質の良い睡眠をしっかり取る

147737

睡眠不足によって分泌されるコリチゾールと呼ばれるホルモン、このホルモンは肌の細胞にダメージを与え、シワを作ってしまうと言われています。

睡眠不足は肌を着実に老化させていきます。1日最低6時間、遅くとも午前0時には就寝するようにしましょう。(理想は夜10時です)

□6ポジティブ思考で笑顔を忘れない

88歳の現役スーパーモデルとして活躍するダフネ・セルフさんが話題になっていますね。

dafune

ダフネさんによると「シワは知識と経験の積み重ねの現れ 美しさの一つ」「たとえ年齢を重ねてシワができても、人生の知恵や経験などを広めることができ、それも美の一つなのです」とのことです。

ダフネさん シワはありますが 88歳のおばあちゃんでもこんなに魅力的なんだ!と驚きました(゚∀゚)

整形は一切していないそうです。流石にシワはありますが たるみは無いしお肌の艶も良いですよね!

「美へのケアと健康のケアはいくつになっても遅くありません。笑顔にはフェイスリフト効果がありますよ」とのことです(*^^*)

 

シミ小じわに飲んで効くロスミンローヤル

ロスミンローヤルは、小ジワ・シミ・そばかすの効果が認められた第3類医薬品です。
健康食品やサプリメントではなくお薬ですので、正しく服用することで小じわシミ・そばかす等のお肌の悩みに、体の内側から効果を発揮します。

ロスミンローヤル詳しくはこちらから