肌の老化防止にはフラーレン

sukinkea

フラーレンはビタミンCの125倍の抗酸化作用を持つと言われるノーベル賞受賞の抗酸化成分です!
アスタキサンチンやコエンザイムQ10、ビタミンCでは抗酸化物質自体が酸化されることでお肌の酸化を防ぎます。

一方フラーレンはラジカルスポンジと言って活性酸素や酸化物質をスポンジのように吸着することで酸化物質を無毒化してくれるのです。

また他の抗酸化物質と違い 紫外線にあたっても変質せず、高い持続性と安定性も備えていますので 長時間肌にとどまり抗酸化力を発揮してくれます。

美肌効果や肌の老化防止効果があるとされ、美容液やローション、ファンデーションなどに配合されています。

そもそもフラーレンとは!?

フラーレンは ダイヤモンドや鉛筆の芯に使われるグラファイトなどと同じ炭素から出来ている物質で 真っ黒な炭の粉のようなものです。

同じ元素のみで出来ている分子の事を同素体といいますが 元素の並び方の違いで、フラーレンとダイヤモンド、グラスファイトと性質が違ったものが出来るんだそうです。

星間物質の研究から発見されたフラーレンですが、1992年には、ロシアのカレリア共和国産のシュンガイトと言われる炭素鉱物にもフラーレンが含まれることがわかり、自然界にも存在していることが明らかとなりました。

ただ自然界に存在するフラーレンはほんの僅かで、非常に高価なものになってしまいます。

化粧品に配合されるフラーレンは合成によって作られビタミン C60 バイオリサーチの技術により化粧品原料として製品化されました。

フラーレン化粧品の美肌効果

美白効果

強力な抗酸化力で、シミの根本的な原因である活性酸素を取り除くことにより、シミ・くすみを防ぎます。

シワ改善

紫外線によるダメージで活性酸素が発生しコラーゲンが損傷を受かシワ・たるみの原因になってしまいますが 活性酸素を取り除くことでシワ・たるみの発生を予防する事が期待できます。

毛穴引き締め

紫外線により酸化した皮脂が毛穴の周りの皮膚にダメージを与え毛穴が目立ってしまいますがフラーレンは皮脂の酸化を抑える効果を持つことが分かっています。

肌の赤み改善

肌の炎症による顔の赤み、活性酸素が炎症を引き起こす誘引になっていることも、フラーレンは顔の赤みを改善する効果があることが分かってきています。

ニキビ改善

過剰な皮脂分泌によりアクネ菌が増殖すると活性酸素による炎症が引き起こされ 赤ニキビになってしまいますがフラーレンは活性酸素を除去することからニキビ予防の効果が期待できます。

保湿効果

フラーレンには、肌の角層を整え、肌のバリア機能を高め、肌の保湿力を上げる効果があることが確認されています。

水溶性フラーレンと脂溶性フラーレン

品質を保証する基準として水溶性フラーレンを配合R.S、脂溶性フラーレンを配合L.F、Wフラーレン配合とロゴマークがあります。

お肌は水分も油分も含むため、どちらとも配合されている化粧品が肌には馴染みがよくおすすめです。

後は、使用感や明記されている効果などから 目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

フラーレン化粧品の選び方

最近はフラーレン配合と表示されている化粧品も 多く出てきましたが、効果がでると言われる推奨濃度の成分が入っているものはとても少ないそうなんです。

フラーレン自体が とても高価なものなので ちゃんと配合されているものは少し高額になります。

効果を期待したいなら 推奨濃度が入っているか ちゃんと確認して選ぶようにしましょう。

フラーレンを規定値以上配合した化粧品には以下のようなロゴマークが付与されていますので化粧品のパッケージ、ボトル、説明書などを確認して下さい。

f2

おすすめのフラーレン配合化粧品

APP-Cフラ セラム

広尾プライム皮膚科クリニックと共同開発をした美容液。 強力な抗酸化成分フラーレンを高濃度に配合しており ビタミンCの効力を肌に届け、 肌トラブルの原因になる活性酸素を除去しあらゆる肌トラブルに有効です!

f6
APP-Cフラセラム

無添加化粧品 ワイエスラボ

お肌が作りだす保湿成分を奪わず、不必要なものは付けず、新鮮な水分を届けることにこだわり開発した本当の無添加化粧品、合成界面活性剤・防腐剤・香料・着色料・合成ポリマー・アルコールほか、お肌のトラブルの元とされる成分を一切含みません。


ワイエスラボ詳しくはこちらから

フラーレン高配合化粧品&ビタミンC誘導体APPS化粧品 BEAUTY MALL

「結果を出す!」を目的に作られたビタミンC誘導体の最高峰APPSや美容専門家も大注目の
ノーベル賞受賞成分フラーレンを規定値以上配合したコスメです。


お肌のお悩みが尽きない方!一度お試しください。ビタミンC誘導体・フラーレンたっぷり配合。