プラセンタエキス

豚・羊・馬の胎盤から精製水で抽出され プラセンタエキスのプラセンタとは英語で胎盤のことです。

なお胎盤は動物以外存在しませんが 植物の胚芽、魚の卵巣膜から 動物プラセンタによく似た成分が抽出され 植物プラセンタ、マリンプラセンタと呼ばれ 化粧品やサプリメントに使用されています。

プラセンタの効果

保湿効果や皮膚の血行促進、新陳代謝作用があり頭髪の脱毛などのトラブルを防ぎます。

又代謝が高まることで メラニンの排出を促すことから 日焼けによるシミ・ソバカスを改善したり肌の色素沈着を防ぐ効果があります。

プラセンタはこんな方におすすめ

sukin

    1. プチ更年期、更年期
    2. 肌の乾燥
    3. シミ・くすみが気になる
    4. アレルギー
    5. 生理痛がひどい
    6. 疲れている
    7. 女性らしさを保ちたい
    8. 母乳が出ない

プラセンタサプリには 以上のような効果が 期待できるということで 実際 プラセンタサプリを摂ると お肌の調子もよくなり 朝の目覚めも良くなります。

プラセンタサプリ、品質も価格も ピンからキリまでありますが 出来るなら低価格で良いものを選びたいですね。
ランキングサイト、口コミサイト等を 参考に人気のプラセンタサプリを 選んでみました。

自分で実際に 飲んでみるのが1番ですが プラセンタサプリ選びの参考にして頂けたらと思います。

馬プラセンタ人気おすすめランキング

rank1_a

エイジングリペア

@コスメ1位・モンドセレクション金賞
馬プラセンタだけではなく、低分子化したコラーゲンやヒアルロン酸、デルマタン硫酸、コンドロイチンなど、美容には欠かせない成分を贅沢に詰めこんだエイジングケア専用の美容プラセンタサプリです。

eizingu

グロスファクターの宝庫希少な馬プラセンタを濃縮

国産馬では比べ物にならないほどの優れた心肺機能と生命力を持つ キルギスをはじめ、アルゼンチンやニュージーランドなど時期によって最適な原料を調達しています。

体内で潤いを支える新成分デルマタン硫酸配合

デルマタン硫酸は、ヒアルロン酸と比べると分子量が小さく、吸収率も高いのが特徴。その大きさは1/200~1/2000ともいわれており、素晴らしい保水力を持ちます。

プラセンタに加え全18種の高濃度のエイジングケア成分

馬プラセンタエキス、コンドロイチン、コラーゲンペプチド、ムコ多糖タンパク複合体(デルマタン硫酸含有)、亜鉛含有酵母、ヒアルロン酸Na、ガラクトオリゴ糖、グリシン、V.C、L-プロリン、L-グルタミン、ショ糖脂肪酸エステル、微粒二酸化ケイ素、パントテン酸Ca、L-シスチン、V.B1、V.B2、V.B6、V.B12、葉酸

エイジングリペア通常購入11.000円

定期コース初回半額4.400円

(2回め以降8.800円返金保証付き)

 

rank2_a

母の滴プラセンタEX

2016年楽天上半期売上プラセンタ商品売上No.1!

2016年9月12日にバージョンUP

p2

たんぱく質量が業界最高クラスの97.5%に!

たんぱく質量が成長因子を始めとして有効成分の濃度と比例します。

プラセンタ摂取量の推奨値の最大量

メキシコ産の馬プラセンタ原末が1粒に200mg詰め込まれていますので1回2粒で用量は400mgになります。

他社が馬プラセンタの摂取量を1回200mg程度に設定しているのに対し、プラセンタEXは2倍の400mgを1回に設定しています。

混ぜ物が一切無い100%プラセンタ原末だけのサプリメントです。

最高級品質で、業界最安値に挑戦!

効果・コスパ共に人気No.1の馬プラセンタサプリです!

通常購入 60粒(30日分) 4,860円(税込:1品購入時のみ送料150円)

母の滴プラセンタEX詳しくはこちら

rank3_a

Top200

口コミで一気に広がり、発売開始たった1年半ほどで10万箱を突破!

t1
・楽天売上1位

・超濃縮の馬プラセンタ

・費用対濃度が業界最安値

・国産・北海道産サラブレッドと同等以上の品質のオーストラリア・ニュージーランド産を使用

タンパク質量96.9%
300分の1に低分子化

酵素分解抽出法により低分子化し吸収率UP
お試し安心ラクラクコース 30粒(30日分) 2,700円(税込:送料無料)費用対濃度が業界最安値

※初回は30粒(30日分)2,700円で、以降2,916円、長く続けたい方にはおすすめのプラセンタです!

Tp200詳しくはこちら

以上おすすめの馬プラセンタを紹介しましたが 馬プラセンタはどれも高価、その点豚プラセンタならプラセンタの含有量の割には 価格も手頃です。
費用対効果で選ぶなら豚プラセンタも おすすめですよ!

豚プラセンタおすすめ人気ランキング

rank1_a

 

ステラマリア

sutera

1粒におよそ10000mgのプラセンタ(原料換算)を50倍に濃縮。
新鮮なプラセンタを無添加で加工、安心安全お手頃価格!

スキンケア大学で手軽に続けられるハリ・ツヤ対策サプリとして紹介されました。

SPF基準農場の豚胎盤を使用

トレーサビリティで徹底した品質管理をしています。

非分解プラセンタを使用

一般のプラセンタは流通、製品コストを抑えるため分解酵素で分解された状態で流通しています。

ステラマリアのプラセンタは胎盤機能を残すため一切の分解をせず非分解の本当に新鮮で良い部位だけを選び使用しています。

遠赤外線による低温加熱

一般的なプラセンタは製造の際120度の高温で加熱殺菌を行うため タンパク質が変性してしまいますが ステラマリアは遠赤外線による長時間低温加熱方式で組織を傷つけることなく殺菌を行っています。

腸溶解性カプセル

胃酸で溶けることのない非分解製法でプラセンタを腸まで届けます。

わずか1粒にプラセンタ10.000mg混ざり物は一切ありません。

ステラマリア1袋30粒入り(約1ヶ月分)

通常価格2.880円

定期価格2.470円初回特別価格500円

500円から始めるプラセンタ

※90日間返金保証付き、2回目より2.470円ですが定期コースの休止、停止は1回目からでも可能です。
休止停止の際は次回発送の予定日の前日までに電話またはメールで連絡とありますが念のため次回発送の1週間前くらいには連絡すると良いと思います。

 

プラセンタの成分

ビタミン類

bitamin

ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシンチアミン、リボフラビン、ピリドキシン、パテント酸

身体の機能を正常に働かせるために必要なビタミン類、身体の中で作ることの出来ないビタミン類が豊富に含まれています。

アミノ酸類

aminosan

ロイシン、リジン、バリン、スレオニン、アルギニン、シスチン、グルタミン酸、セリン

アミノ酸は細胞を作る 原料になる成分、健康で若々しい身体を維持するのに欠かせない成分、プラセンタには、お肌の美しさと深い関わりをもつアミノ酸が豊富に含まれています。

プラセンタの持つ美容効果は、こういったアミノ酸の働きによる点が大きいと言われています。

アミノ酸は色々な食品の中にも含まれていますので、意識しなくても毎日の食事で摂っているのですが食品で摂るアミノ酸は、構造が複雑で身体への吸収率があまり高くありません。

なのでせっかくアミノ酸豊富な食品を摂っても 吸収率が悪く そのまま体外へ排出される事が多いそうなんです。

一方、プラセンタ に含まれるアミノ酸は単体で構成されているので吸収率が良いのが 特徴です。

核酸

kakusan

プラセンタには遺伝子と関連する成分も含まれます。

核酸は遺伝子を補修し、新陳代謝を正常化してくれる大切な栄養素、核酸の一番大きな特徴は、何より遺伝子に作用して老化を防いでくれる点です。

元々は人間の体内でも作られる成分ですが、加齢とともに減少していきますので、外部から摂ることでエイジングケアに良い効果が期待できます。

ミネラル類

カルシウム・ナトリウム・カリウム

その他

コレステロール・酵素など

プラセンタの種類

purasenta2

以前は牛由来のプラセンタが主に使用されていましたが 狂牛病が問題になり2001年以降牛の胎盤は使用不可になりました。

現在は化粧品やサプリメントには 豚の胎盤や馬の胎盤が主に使用されています。

医療行為として用いられるプラセンタ注射は 人の胎盤に限定されています。

豚プラセンタ

豚の胎盤から抽出されるプラセンタで 価格が比較的、低価格で化粧品・サプリメントなどに最も多く使用されています。

馬プラセンタ

馬は豚に比べて頭数、出産回数が少ないので希少価値が高いことから 価格が少し高めです。

プラセンタに含まれるアミノ酸量は豚プラセンタより多いのですが、両方の原料の製造に関わるメーカーの調べでは効果にそれほど劇的な違いは無いとのことです。

ただ 豚に比べ 抗生物質、ホルモン剤の投与が少ないことから 安全性の面で馬プラセンタのほうが 優位とする 考えもあります。

植物プラセンタ

植物の胎座の部分から抽出したエキスを 植物プラセンタと言います

本来植物には 胎盤はありませんので 植物プラセンタと言うのは誤りなのですが 動物の胎盤と同じような 役割をはたすことから 植物プラセンタと呼ばれています。

マリンプラセンタ

マリンプラセンタ、海洋プラセンタとも言われ 現在は主にサケの卵巣膜から抽出された 美肌成分の事を指します。

植物と同じように魚には胎盤が ありませんが動物プラセンタと似た成分が多く含まれることから こう呼ばれています。