夏でも手足の冷感、冷え性で困っている方はおおいですよね。
特に女性は 体の冷えで 代謝が悪くなり肌のトラブルや美容に悪影響を及ぼすことがあります。

日本では古くから漢方の考えに基づき 冷えに対処する様々な治療法がありますが
マッサージや指圧などで 血行を良くする方法もあります。

冷え症の改善方法

冷えが肌に与える影響

寒さを感じると体温が低下しないように 血液は身体の中心に集中します。
結果 体の表面の皮膚と つま先や指先の毛細血管が収縮し血液循環が低下し 冷たく感じます。

冷え性は その過程が習慣になり 毛細血管が収縮し血行不良が慢性化した状態です。
血液の循環が悪化することで 肌が栄養不足になり 乾燥し肌荒れなど肌トラブルの影響を受けやすくなってしまいます。

血行不良は肩こり、腰痛の原因にもなり 生理不順、更年期症状も重くします。

顔の血行不良を改善するマッサージ

マッサージは 血液とリンパの流れを改善するので 冷えが原因の血行不良を改善する最も効果的な方法です。
マッサージをする時は マッサージローションやクリームを使用するようにしましょう。

マッサージのしすぎは 肌を疲れさせますので 週2回位がちょうどよいと思います。

簡単な指圧で冷えを緩和しましょう

ツボを指圧で刺激することは 血行を良くするのに効果的です。
冷えを改善するのに有効なツボは 足首の周囲と足の裏に集中しています。

初めてのツボ

指圧する時のポイントは 3~5秒間押して離し それを3~10回繰り返します。
痛みを感じるほど強く押したり 長くおし続けたりして過剰に刺激しないように注意しましょう。

押して気持ちが良い 部分を捜して下さい。

足の内くるぶしから指4本分上、すね骨のすぐ後ろにあります。軽い痛みを感じるところです。
椅子に腰掛け、足首を片方の膝の上に乗せます。右足は左手で、左足は右手といった具合に、足と反対の手の親指をツボにあて、足首をはさむように持って押し揉みます。左右ともに2~3分程度行ないます。

蒸しタオルで温める

温かい蒸しタオルやスチーマーで顔を温めるのもおすすめです。

ゆっくり湯船に浸かる

身体が冷えていると 寝付きも悪くなりますので 夜は寝る1時間前くらいにゆっくり入浴するのも おすすめ!
湯船にゆっくりつかると 体があたたまるだけでなく 筋肉の緊張を和らげストレスを緩和するのにも役立ちます。

身体を温める食事と運動

温かい食べ物

生野菜は身体を冷やしますので 冷え性の人は積極的に温かいものを取るようにしましょう。
スープ、鍋料理、シチューなどが体の芯から温まっていいですね。

ビタミンE

ビタミンEは血行を良くする効果があります。
アーモンド、かぼちゃ、ほうれん草などに多く含まれています。
また、生姜、ニンニク、シナモン、コショウなどの香辛料は身体を温めますので、これらの食べ物を上手に取り入れてみてください。

軽い運動

ウォーキングやストレッチなどのエクササイズ、特に決まった運動をしなくても 遠くにあるものを大きく腕を伸ばして取ったり 大股で歩いたり 歩く時に腕を振るなど日々の行動で 筋肉を使うように意識するのも血行不良改善におすすめです。

血の巡りを良くし肩こり腰痛を緩和する女性用保険薬ロスミンローヤル