赤ら顔で敏感肌の事を酒さとも言うらしいですが そもそも赤ら顔の人は皮膚が薄くバリア機能が弱いので 少しの刺激で肌トラブルを起こしがちです。

 

赤ら顔やアレルギー、アトピー等の敏感肌を改善するには 体質改善と化粧品、スキンケアに気をつけるのが大切だと感じました。

赤ら顔・敏感肌の化粧品選び

化粧品は勿論、敏感肌用の化粧品を選ぶのが基本ですが 敏感肌用でも体質により合う合わないが あるようです。

敏感肌の私が使って 大丈夫だったから あなたもどうぞ!と勧められないのが難しいところです。

化粧品でかぶれて 肌荒れを起こした経験のある方なら 自分の肌に合わない成分は何となく わかるのでは無いでしょうか?

私の場合 香料、特にバラの香り、それとアルコール分が合わないような・・・・。
肌につけた後 す~っとする引き締めタイプの化性水をつけると 肌が赤くなり肌荒れを起こしてしまいます。

敏感肌のスキンケア調査

アメリカ酒さ(赤ら顔)学会が 1,066人の患者を対象にスキンケア調査を行ったそうです。

結果、対象者の41%が特定のスキンケア商品の使用で肌の症状が悪化、27%が特定のスキンケア商品の使用で、酒さ(赤ら顔)の症状を引き起こしてしまったと回答したそうです。

敏感肌は普通の人にはなんでもない成分が刺激になりアレルギーを起こしてしまうのが肌荒れの原因のようです。

炎症の原因になったと思われる成分

アルコール(エタノール等)(66%)

化粧品の場合は、スーッとした清涼感をもたせるためや、皮脂のべたつきをとるためなど、使用感を良くするために揮発性のあるエタノールが配合されることが多いです。

アルコールですのでお酒に弱い方は アレルギーをおこしやすいです。

マンサク(ウィッチヘーゼル)(30%)

ネイティブ・アメリカンからアメリカの一部の地域の家庭療法として伝えられて来たもので、化粧水として皮脂の分泌を抑制し、ニキビにも有効とされていますが収れん作用があり敏感肌には刺激が強いようです。

香料(30%)

様々な香りがありますが植物の自然の香りでもアレルギーを起こすことがあります。

メントール(21%)ハッカ(ペパーミント)(14%)

芳香と清涼感が特徴で、鎮静効果や細胞を活性化する効果、配合成分の浸透促進効果、肌を引き締める効果があります。

ユーカリ油(13%)

収れん作用、抗菌作用、皮膚柔軟化作用、ニキビ予防、血液循環促進作用、油性原料、防臭効果、防腐剤などの目的で、化粧水や石鹸に使用されます。

化粧品選びの注意点まとめ

無香料の化粧品を選ぶ

化粧品の良い香りは 使っていて心もほんわか癒やされる感じで好きなのですが香料は他のどの成分よりアレルギー性接触性皮膚炎を引き起こしやすいんだそうです。

敏感肌用化粧品と紹介されている化粧品でも 香料・アルコールなどが配合されている場合は 注意が必要です。

保存料、防腐剤

化粧品には 雑菌が繁殖しないように保存料や防腐剤が使用されています。商品の品質を保つために必要なものですが 人により皮膚炎やアレルギー反応を起こしてしまう場合があります。

代表的な保存料、防腐剤

メチル、プロピル、ブチル、エチルパラベン、フェノキシエタノール等 また、ジアゾリジニル尿素、イミダゾリジニル尿素は、有毒なホルムアルデヒドを放出する事も。

泡立ちをよくするための成分

DEA・TEA

泡立ちをよくするために配合されるジエタノールアミン(DEA)、トリエタノールアミン(TEA)は、長期間使用し続けると体に蓄積され肝蔵、腎障害を起こすことがあり、動物実験ではガンが発症した事例も報告されています。

ラウリル硫酸ナトリウム

頭皮が乾燥、眼の痛み、発疹等のアレルギー反応が起こることがあります。

着色料

口紅やアイシャドー、ファンデーションは勿論ですが 基礎化粧品、ヘアケア商品でも商品自体を美しくて見せるため着色料が使用されていることがあります。

赤色○号、青色○号、などと表記される合成着色料のタール色素はアレルギーを引き起こす可能性があり肌への刺激が強く、発ガン性があると言われています。

天然色素なら安心か・・と言ったらそうでもなく 植物由来の色素でもアレルギーを起こすことはあります。

化粧品を使用する際の注意点

必ずパッチテスト(アレルギーテスト)をする

パッチテストは腕の内側の柔らかいところと よく言われますが 腕では 反応が出ないこともあります。
首や顔の目立たない部分に少しだけつけて試したほうが良いかもしれません。
それとすぐに反応が出ないこともありますので 2・3日は様子を見てからにしたほうが 安全です。

シンプルスキンケア

触るだけで肌の刺激になってしまいますので 化粧水や美容液、乳液やクリーム、パック等と念入りなお手入れは 敏感肌の場合は逆効果、シンプルなお手入れですむオールインワン化粧品がおすすめです。

メイクをするときは 保湿の後 石鹸で落とせるパウダーファンデーションにポイントメイクくらいにしておきましょう。

ポイントメイクは薬局で売られているスキンケア用のオリーブオイルで前もって落としておくと良いです。

肌に刺激を与えない

ニキビや毛穴が気になると引き締め効果のある化粧水やピーリング剤を使いたくなりますが 収れん(引き締め)作用のある化粧水、ピーリング剤は 肌に刺激が強く肌荒れを起こしやすいので 使用しないほうが良いです。

クレンジングとクレイや美白成分も肌に刺激がありますので要注意です。

オーガニック・無添加化粧品でも 何だかの成分でアレルギー反応を起こしてしまうことはあります。

化粧品で肌に異常が出た場合は成分をメモして置くと 自分に合わない成分を見つけるのに役立ちます。

敏感肌におすすめのオールインワン>>