赤ら顔・敏感肌、化粧品選びにも苦労しますよね!
私は50代後半、赤ら顔の敏感肌、思春期からは 敏感肌に加えニキビが 出来はじめ とっても大変な思いをしました。

赤ら顔、敏感肌は アレルギーやアトピーも関係しているようで化粧品や食べ物 身の回りの環境も関係しているようです。

経験上 思ったのは 赤ら顔、敏感肌には 正しいスキンケアとアレルギー物質の排除 体質改善が 大切なのかな?と思いました。

赤ら顔、敏感肌の正しいスキンケア、化粧品選び 赤ら顔、敏感肌を改善する方法を調べて まとめてみました。

赤ら顔、敏感肌の化粧品選び


アメリカの酒さ(赤ら顔)学会が 赤ら顔の患者1.066人を対象に実施した調査で 患者のうち41%の人が 特定のスキンケア商品の使用で 肌の症状が悪化したと答えました。

また27%の人が 特定のスキンケア商品の使用が 赤ら顔敏感肌の引き金になったと答えたそうです。

私の場合も、思春期ニキビが 気になり スキンケアを始めたころから 肌荒れが酷くなったような気がします。

赤ら顔、敏感肌の症状を悪化させないために スキンケア、ヘアケア製品を選ぶ時は 以下の成分に気を付けてください。

肌の症状が悪化した成分

アルコール(66%

アルコールに弱い方は エタノール、フェノキシエタノールなどが配合されていると合わないことがあります。

マンサク(ウィッチヘーゼル)(30%)

アメリカ製の収れん剤

香料(30%)
メントール(21%)
ハッカ(ペパーミント)(14%)
ユーカリ油(13%)

赤ら顔、敏感肌の方が 使用を避けていると答えたものは収れん剤、ピーリング剤、その他の刺激の強い商品でした。

調査により 香料が他のどの成分よりアレルギー性接触性皮膚炎症状を 起こしやすい事がわかりました。

私も 香料の入った化粧品を使用するとかぶれてしまい 肌荒れが酷くなります。

それと私の姉は アルコールに弱く 化粧品も殺菌用にアルコールが配合されていると かぶれを起こしてしまいます。

無香料のものや、アレルギーテスト済みの商品は 肌トラブルを防いでくれますので そういった商品を 選びたいですね。

酒さ毎日の生活で気をつけること

刺激物を摂らない

喫煙、アルコール、熱い飲み物と辛い香辛料のきいた食物を摂らないようにする。
顔を擦ったり、マッサージなどで刺激しない

油分・アルコール・香料配合された化粧品製品を避ける


レモン、ライム、メントール、ペパーミント、松、ヒマラヤスギ、シナモン、ローズマリー、ラベンダー、バラなど

皮脂をマメに拭き取る

皮脂の分泌が多い場合は脂とり紙やティッシュでマメに抑えて 拭き取るようにします。

急激な温度変化を避ける

高温・低温、急激な温度変化を避ける(例えば熱い浴室またはシャワー)

紫外線対策

赤ら顔は紫外線による 日焼けが引き金になることも、紫外線対策に SPF15PA++以上の 紫外線吸収剤フリーの日焼止めを使用しましょう。

パウダータイプのファンデーションもSPF15PA++程度は有り塗り直しも簡単ですのでおすすめです。
首筋やデコルテの部分も紫外線対策をしっかりしましょう。

敏感肌におすすめのミネラルファンデーション

洗顔

毎日の洗顔は朝晩2回、香料など含まない肌にやさしい 洗浄剤で 洗顔します。

タオルやスポンジ、洗顔ブラシなどは 肌の刺激になりますので決して使用しないこと。

保湿

化粧水で無く セラミド配合の敏感肌用の保湿ジェル、クリームなど オールインワンがおすすめです。

敏感肌用オールインワン化粧品

ピーリング剤・酵素洗顔は避ける

肌が敏感になっている時は 角質を無理に取ったりしないこと 肌が余計に薄くなり敏感になってしまいます。

使用するなら洗い流すタイプのものを週に1回程度にします。

水道水の塩素

水道水がアトピーの原因かも!?飲水・お風呂・洗顔も天然水が理想ですが浄水器の水を使用するようにします。

洗濯洗剤や柔軟剤も 肌に触れると刺激になりますので無香料のものにします。

化粧品は無香料のものを オーデコロンや バラの香りのサプリメントも要注意です。

 

40代。肌の調子に違和感。