クレンジングのそもそもの役割は油性のメイクを落とすもの、なのでメイクをした日はクレンジングが必要になります。

クレンジングは油分と界面活性剤が含まれていますが油性のメイクを油で浮き上がらせそれを界面活性剤で水と馴染ませ洗い流します。

520170e4c15009fca372dcb9c2454107_s
ですので 油性のメイクにはどうしても 界面活性剤は必要です。

また油分は水と馴染みにくいので何度も繰り返し石鹸で洗う事になりますので 界面活性剤が含まれていない洗顔料を使っても結局は肌に負担を与えてしまいます。

クレンジングに使われる界面活性剤の多くは低刺激の非イオン系と言われる物がほとんどです。

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

石油系とか植物系とか合成とかもよく言われますが良い悪いの差は殆ど有りません。

それから石鹸などの洗顔料は水溶性の汚れを落とすのに必要と言われますが、雑菌やホコリは皮脂の吸着性で付着しているだけですから水で落ちます。

それでも クレンジングの洗い残し ぬめりが気になる方はW洗顔でもかまわないのでは・・、

どちらにしても クレンジングは手早くすませるようにすると 肌への負担も減らせます。

専門家の方のご意見では 化粧品化学の観点で考えたなら植物油脂がベースになったオイルクレンジングまたは美容液クレンジングジェル、ミルククレンジングがおすすめとのことです

W洗顔不要のクレンジング人気ランキング

ラウディゼロタイムクレンジング

総合評価

無酸化発想のラウディの生オイルクレンジング

ラウディゼロタイムクレンジングの特長

オレイン酸配合の3種類の植物オイルで酸化を防ぐ生オイルクレンジング

1本でクレンジング・保湿・美容液の3つの働き

美容成分80%以上

価格 180ml(1ヶ月分)定期購入初回2.095円送料無料

ダブル洗顔不要の潤いオイルクレンジング【ラウディ ゼロタイムクレンジング】

D.U.O.ザ クレンジングバーム

総合評価

@コスメマッサージ料部門・その他クレンジング部門ランキング第一位
4年連続モンドセレクション受賞

D.U.O.クレンジングバームの特徴

ひとつでクレンジング、洗顔、トリートメント、老化角質ケア、マッサージケア5つの機能

しっとりした洗い上がりなのに毛穴汚れ角栓ケアが出来ます。

価格 通常価格90g3,600円+送料600円、定期購入初回1.800円送料無料

ドュオ ザ クレンジング バーム公式サイト

モイストゲルクレンジング

総合評価

モイストゲルクレンジングの特徴

7つの無添加&弱酸性、バリア機能を守りやさしく洗いあげます。

美容液成分99.3%で驚きのクレンジング力よく落ちるのにつっぱらない!

保湿成分とこんにゃくスクラブでプニプニの柔らかいスクラブで毎日穏やかに毛穴ケア。

まつげエクステにも使用していただけます

天然精油でリラックス&リフレッシュ。

リダーマラボ

価格 150g・2,848円、初回購入特典1個買うともう1個プレゼント!たっぷり4か月分

モイストゲルクレンジング公式サイト

アテニアスキンクリアクレンズオイル

総合評価

@コスメ2016クレンジング部門第1位
VOCE読者が選ぶクレンジング部門第2位

スキンクリア クレンズ オイルの特徴

日本初配合の原料「ロックローズオイル」の抗酸化力で、肌ステインを浮かして除去

エイジングケアで注目を集めている「イモーテルオイル」で、肌ステインの発生を防ぐ

「アルガンオイル」で、毛穴の汚れ・角栓・過剰な皮脂を除去

「バオバブオイル」で、水分をキープ。メイク落としで奪われがちなうるおいを残す

「レモングラス」や「ベルガモット」をベースにブレンドしたアロマで、リラックス

スキンクリアクレンズオイルとプリマモイストローションがセットでお試しできます。

価格 175ml(約2ヶ月分)+プリマモイストローション30ml初回限定1.836円送料無料

アテニアスキンクリアクレンズ公式サイト

クレンジングの種類と特長

シートタイプ・拭きとりタイプ

油分でメイクを浮かせるプロセスを省き界面活性剤の洗浄力だけでメイクを落とすため肌のダメージが大きい上、拭き取るときにどうしても肌を傷つけやすいので極力使用しないほうがよいです。

リキッド(水クレンジング)

油分をほとんど含んでいないので拭き取るという刺激がないだけでシートタイプとほとんど変わりません。

ジェルクレンジング

乳化していない透明のジェル、リキッドにゲル化剤をいれただけの物です。

界面活性剤の量の割に洗浄力はあまり高くなく肌への負担も大きいです。

クリームクレンジング

クリームクレンジングはミネラルオイル(鉱物油)がベースになってるので肌に残り、既に乳化しているので汚れ落ちが良く有りません。

ミルククレンジング

脱脂力が弱いので肌にはやさしいのですが水分が多い分メイクを落とす力が弱いのでどうしても肌をこすってしまいがちです。

オイルタイプ

ドラッグストアで購入したクレンジングオイルを使用する場合は配合されているミネラルオイル(鉱物油)やエステルオイルが肌に残るので洗顔料で必ずダブル洗顔をしましょう。

美容ジエルクレンジング

最近はホットクレンジングなど 美容成分が配合された商品が沢山あります。

 

W洗顔不要と表示されているクレンジングでも 植物油脂ベースのクレンジング以外はW洗顔がおすすめとのことです。