紫外線の怖さは何と言っても肌の老化を早めること!

シミ・シワたるみ、肌の老化の元凶ですよね。

現在は1年間の日照時間が、10年前に比べて1ヶ月分も増加しそれに比例して紫外線量も増えています。
sigaisenryou5
紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)ありどちらも肌の老化の原因になってしまいます。
ですが紫外線は気になるけど、UVクリームって肌荒れしやすいと言う方もいらっしゃいますよね。
そこでお肌にやさしく確実に紫外線をカットしてくれる日焼け止めの選び方と使用法をまとめてみました。

日焼け止めの種類と選び方

日焼け止めに使われる成分は2種類あります。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は紫外線を吸収して、それを熱エネルギーに変換して外部に放出する成分です。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線をそのまま反射して散乱させます。

日焼け止め化粧品選び3つのポイント

SPFとPA

日焼け止め化粧品に表示されているSPFPAは紫外線カット効果を示すものですので必ずチェックして購入するようにしましょう。

SPF(紫外線B波をカット)

肌をヒリヒリ真っ赤に日焼けさせるのが紫外線B波、皮膚細胞の遺伝子DNAを傷つけシミ・シワの原因になります。

SPFの数字は日焼けを起こすまでの時間を何倍に伸ばせるかの目安です。

肌に何もつけていない状態で、夏の紫外線を浴びた場合、ヒリヒリする日焼けを起こすまでの時間は約20分と言われています。

例えばSPF30なら、その30倍、ということは20×30で600、日焼けが起こるまでの時間を600分(10時間)伸ばせるという意味です。

ですがこれは正しい使用量(皮膚1cm平方あたり2mg)を守った場合ですので結構たっぷり塗らないとちゃんとした効果は得られません。

PA(紫外線A波をカット)

uva
A波は真皮の奥まで届きコラーゲンを破壊しシワ・たるみを促進します。

PAは+の数で紫外線カットの強さを表しています。

PA+ やや効果がある
PA++ 効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 極めて高い効果がある

日差しが強い場合は紫外線吸収剤が確実

sigaisen2

紫外線吸収剤は肌の上で化学反応を起こし光エネルギーを熱に変換させるもので肌に刺激になることがあります。

ですが吸収剤は紫外線に当たりさえしなければ化学変化せず肌に負担を与えることはありません

紫外線に弱い肌の方は紫外線にあたると短時間で炎症をおこすことがあります。

そういう方には確実に紫外線をブロックしてくれる紫外線吸収剤はある意味必要不可欠の成分かもしれません・・。

日差しの強い場所に出るときはこちらを使用するのが確実で、日差しが弱い場合は化学変化は起こさないので、騒がれているほど悪いものではないそうです。

勿論、普段使いには紫外線散乱剤のほうが肌にはやさしいとのことです。

サラッとタイプには注意!

アルコール・エタノールフリー

サラッとした使用感のローション、スプレー、ジェルタイプが人気ですが、このタイプは殆どエタノールが配合されていて刺激があり肌も乾燥しやすいです。

アルコールに弱い方や敏感肌の方は高配合のものは避けたほうが安全です。

DPG

粘性のアルコール基剤ですが、敏感肌の場合には刺激になってしまう成分です。

オーガニックの植物エキスや精油

オーガニックというと 肌にやさしい印象ですが 体質によっては 肌への刺激やアレルギーを起こしてしまうこともありますので 敏感肌の方は 取り敢えずパッチテストをおすすめします。

敏感肌には乳液・ミルクタイプ

ジェルやウォーターなど、サラッとした感触の日焼け止めはどうしてもエタノールやDPGなど刺激になるものが多く使われがちです。

紫外線吸収剤や散乱剤を、安定化させるにはシリコーンオイルが良く、そうなると乳液やミルクタイプになります。(シリコンは皮膚に吸収されることはなく毛穴を塞ぐ等の心配もなく安全性の高い成分です)

肌に優しい日焼止めまとめ

・日差しの強い時は吸収剤の有る無しにはこだわる必要は無い
(日差しの少ない時は吸収剤フリーがおすすめ)

・エタノール(ウォーター系)は高配合は避ける

・DPG(ジェル系)も避ける

・オーガニック系(植物エキス&精油)にも注意

・シリコーンオイルなどが主成分の乳液やクリームを選ぶ

シーン別UVカットの目安
SPF10~PA++

ゴミ出し・家の中

SPF30 PA+++

洗濯物干し・買い物・通勤通学送り迎え

車の運転・通勤通学・子供の遊び

SPF50PA++++

海水浴・プール・海外リゾート・山・高原・屋外スポーツ

肌への優しさを考えたら日焼止めはシーン別に使い分けるのが良さそうですね!

おすすめの日焼け止め

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

無香料、エタノールフリー、お子さんからお年寄りまで敏感肌でも安心して使用できます。

2歳以上対象の幼児プラクティカルテスト実施
アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません)
ウォーターレジスタンステスト済み
専用クレンジング不要

SPF30・PA+++
全顔使用で約160日分3.780円

↓ ↓ ↓

ホワイティシモUVブロッグ

d プログラム アレルバリア

 

資生堂独自のテクノロジーを搭載した日中用保護美容液、紫外線吸収剤フリーで 透明タイプは赤ちゃんのお肌にも使えます。

うるおいを与えながら美肌バリア機能を整え 肌荒れを起こしにくい状態を保ちます。

透明タイプとBBタイプ

SPF40 PA+++
40ml 3.240円送料無料

↓ ↓ ↓
d プログラム アレルバリア詳しくはこちら

MAM&BABY




SPFが高い日焼け止めほど肌への負担が高くなるという点に着目して、
成分自体に紫外線カット機能がある自然原料「MAAS」だけでつくった日焼け止めです。

SPF17.7 PA++
15g 初回限定980円

↓ ↓ ↓
天然成分100%のUVクリーム【MAM&BABY】

HANAオーガニック トライアルセット




天然100%、美容液成分85%配合の日焼け止めです。
オーガニックで白浮きせず、光をコントロールして毛穴、色ムラの目立たないクリアな肌に整えてくれます。

SPF30 PA++
30ml 4.000円送料無料

↓ ↓ ↓