アンチエイジング化粧品成分

エイジングケア化粧品、お肌の老化の悩みと言えば 毛穴・シミ・シワ・たるみ。

毛穴・シミ・シワたるみを改善する アンチエイジング化粧品の成分紹介します。

悩み別アンチエイジング化粧品成分

シワ・たるみ対策化粧品成分

シワ・たるみの原因はお肌のコラーゲン不足。

コラーゲンは真皮で網目状にネットワークを作りお肌の弾力を保っています。シワ・たるみを防ぐにはコラーゲンを増やす働きのある化粧品でのお手入れが大切です。

肌の弾力を高めるスプリングケア成分

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に入りやすく改良したものです。
体内のコラーゲン合成に必要な成分で美白作用、皮脂抑制作用、抗酸化作用など様々な働きを持っています。

ナイアシン

コラーゲンの合成を高め 肌の代謝を活性化して肌にハリを与えます。

レチノール

ビタミンAの一種で 肌のターン・オーバーを促し コラーゲンを増やす作用があります。
目尻の小じわ 浅いシワには特に有効です。

シワ・たるみに効く化粧品はこちら

シミ対策美白化粧品成分

シミ対策には本物の美白化粧品を使いましょう。

美白成分が入っていないのに美白効果がありそうなイメージで販売されている化粧品もありますが 美白化粧品を選ぶ時は美白成分が配合されているかちゃんと確認して選ぶようにしましょう。

チロシナーゼ酵素を抑制する働きがある成分

シミのもとチロシンをメラニン色素に変えるチロシナーゼの働きを抑制します。

ビタミンC誘導体

抗酸化作用があり シミだけでなく ニキビの炎症、毛穴の開きやシワなどのエイジングケアにも。

アルブチン
エラグ酸
ルシノール
プラセンタエキス
油溶性甘草エキス
ハイドロキノン
トラネキサム酸

チロシナーゼ酵素の量を減らす

メラニン色素を作り出す酵素の量を減らします。

リノール酸

メラノサイトへの信号をブロック

肌に紫外線があたるとメラノサイトに情報が送られメラニン色素が生成されますがその信号をブロックします。

カモミラET
t-AMCHA
トラネキサム酸

抗酸化化粧品成分

肌を錆びつかせ老化を進める活性酸素を抑える抗酸化力のある成分。

抗酸化化粧品をとり入れることで シミ・シワ・たるみなど 肌老化を遅らせる事ができます。

代表的な抗酸化成分

ビタミンC誘導体

抗酸化作用の他、美白作用、抗炎症作用

ナイアシン(ビタミンB3)

肌の代謝を促しコラーゲン、セラミドの合成を高めます。

カテキン

フラボノイドと呼ばれる植物色素の一種でお茶の成分。

抗酸化、老化防止、美白、保湿、収れん、日焼け予防効果があります。

リコピン

トマトなど野菜や果物に含まれる赤い色素でカロテノイドの一種。

強い抗酸化作用でメラニンの生成を抑え美白効果もあります。

アントシアニン

植物の色を作り出す色素で 強い抗酸化力を持っています。

レスベラトロール

ポリフェノールの一種で活性酸素を除去し 美白効果、シワ改善効果があります。

アスタキサンチン

魚介類に含まれる赤い色素の栄養分です。

抗酸化力が非常に高く美白とコラーゲンの生成を助ける効果があります。

 

 

ページの先頭へ