セラミドの働きと効果

美容液やクリームで保湿しているのに どうしてもお肌が乾燥してカサついてしまう、乾燥、敏感肌におすすめなのが 保湿力抜群のセラミド配合の化粧品です。

保湿成分としてコラーゲンやヒアルロン酸も人気ですが 保湿力ならセラミドがNo.1 お肌の水分を守るのに最も欠かせない成分がセラミドです。

水分保持機能とバリア機能

セラミドは角質細胞間脂質と言って 肌のいちばん外側の角質にもともとある保湿成分で 細胞と細胞の間をぴったりと埋めて水分の蒸発を防いで、肌をみずみずしい状態に保っています。

その保湿力は お肌にセラミドがないと角層の水分量は80%も低下してしまうと言われるほどです。

セラミドは水には溶けないのですが 水分をしっかり挟み込んで 肌表面の角層にラメラ構造と言うミルフィーユのような層を作ります。

出典:ナチュラルエレメントhttp://natural-elements.jp/cp1607g/

セラミドの保湿力は最強で このラメラ構造でセラミドに挟まれた水分は 湿度が0%になっても蒸発しません。

肌の中にセラミドが充分あれば 空気が乾燥する冬場、エアコンの部屋でもプルプルのお肌が保てます。

そして セラミドでラメラ構造が整った肌は ウイルスやアレルゲンなど 肌に有害な物質が侵入するのを防いでくれます。

セラミドは老化で不足しがちになります

セラミドはお肌のターンオーバーとともに 表皮細胞の中で作られますが 老化でお肌の代謝が衰えると セラミドも どうしても不足しがちになってしまいます。

セラミドが不足すると お肌の水分量も減ってしまい 歳を取るにつれ肌が乾燥しやすくなります。

年齢とともにお肌が敏感になって肌荒れしやすくなった、そんな方もいらっしゃるのでは?

加齢で不足しがちなセラミドを補うために作られたのが セラミド配合化粧品です。

 

出典:ソルアネーロ ネイチャーウォーターhttp://www.sol-anhelo.jp/nature_water/

乾燥肌、敏感肌・アトピーの方のお肌は セラミドの量が 普通の方より少なく 乾燥でお肌のバリア機能が低下しています。

セラミドはコレステロールのようなものから作られているのですが コレステロールを食べても セラミドをじかに飲んでも お肌のセラミドにはなってくれません。

セラミド化粧品は化粧水?美容液?

セラミドは脂溶性で水溶性ではありませんので 水には溶けませんので 化粧水でなく美容液や乳液に配合されることが多いです。

シェイクして使う化粧水や セラミドを増やす成分が配合された化粧水などもあります。

化粧品に配合されるセラミドの種類

化粧品に配合されるセラミドは4つの書類があります。

天然由来

動物性セラミド・植物性セラミド

合成由来

ヒト型セラミド・疑似セラミド

セラミド化粧品の価格

化粧品の価格、できれば安くてなるべく高品質のものを選びたいですが セラミドは化粧品の原料としては ちょっと高価です。

セラミド配合化粧品と表示されていても 極端に安いものは セラミドが僅かしか含まれていないこともあります。

化粧品の量や種類にもよりますが セラミド化粧品は 3.000円以上を目安にするのが良いようです。

肌自らセラミドを作り出す力を与えてくれる医薬部外品化粧品


ライースリペア化粧品詳しくはこちらから