美肌のための7つの習慣

美肌アンチエイジング内科の イケメンドクターが教える美肌になる方法7つの習慣なるものを 見つけましたので紹介します^^

この頃は男性用化粧品なんかも人気で 女性以上に美意識の高い男性もいらっしゃって ちょっと負けてるかも・・・。

美肌になる方法1プロテインを摂る

筋トレとかしている男性がよくプロテインを摂っていますが プロテインは筋肉をつけるだけでなく 美肌になるためにも欠かせない成分です。

プロテインはタンパク質のことですが タンパク質と言うと コラーゲンもタンパク質ですよね!

良質なプロテインは筋肉だけでなく 皮膚や血管、髪の毛などあらゆる部分を構成する重要な栄養素で タンパク質が足りていないと お肌の生まれ変わりもスムーズに行きません。

プロテイン一日の摂取量

1日に摂る目安は体重1kgに対して1~2g、体重50kgなら50g~100gのプロテイン摂取がおすすめとのことです。

それからタンパク質(プロテイン)にはドーパミンの分泌を調整する働きがあり 朝に高タンパクな食事をとれば、その日は砂糖や脂肪が欲しくなくなるという実験結果もあるそうです。

筋肉を付け体重増加の為に摂取している方もいらっしゃるようですので 摂り過ぎると体重増加の心配もありますが 上手に摂れば ダイエット効果もあるかもしれませんね!

体重増加が心配な方は コラーゲンを摂ると良いですが プロテインのほうが安上がりかも?

高タンパク食品を摂る

肉類・魚介類・卵類・乳製品・大豆製品など

鶏胸肉、魚、豆腐などは 良質なタンパク質を含んでいますし ダイエットにもおすすめです。

鳥の胸肉を 茹でるか蒸して 包丁で切らず バンバンジィーにするときのように 繊維に沿ってさいて ハムの代わりにサラダに混ぜて食べると とっても美味しいです!

美肌になる方法2サプリメントを飲む

毎日の食事では どうしても不足しがちな栄養素は サプリメントで補給しましょう。

マルチビタミン、マルチミネラル、DHA、EPA、不溶性食物繊維、ファイトケミカルなどを摂取して 食事では足りない栄養素を補います。

美肌になる方法3人工甘味料は摂取しない

糖質の摂り過ぎは肌の糖化を加速!糖化は肌老化の原因にもなると言われています。

人工甘味料の含まれたジュースやお菓子、アイスは摂らないようにします。

カロリー0、糖質0とかの飲み物とかありますが 甘みがあると脳が 糖質を摂ったと勘違いして 血糖値が上がるとか どこかに書いていたような・・・。

どちらにしても体には良くないので 控えるようにしたいですね。

美肌になる方法4添加物はとらない

酸化防止剤、香料、着色料等の添加物が含まれる食品は摂らない。

コンビニやスーパーに並んでいる 袋詰のお菓子、加工食品はお漬物など含め 見た目や日持ちを良くするために 添加物だらけです。

美肌になる方法5コンビニ弁当は食べない

食品添加物豊富なコンビニ弁当、添加物だけでなくアラキドン酸も豊富に含まれているそうです。

アラキドン酸は 脳の発達や様々な健康効果があると言われる反面、摂り過ぎると アレルギー疾患やガンのような重篤な病気のリスクを 増大させるという危険性が指摘されています。

アラキドン酸は 現在の食生活では摂り過ぎ傾向にあるということです。

コンビニ弁当ばかり食べている人は要注意です!出来るだけ自炊を心がけましょう!

美肌になる方法6お風呂は浄水器が必須

塩素による肌の刺激で活性酸素が発生、肌老化の原因に!シャワー、湯船、洗顔用のお湯は浄水された水を使います。

水道水の塩素はアトピーや敏感肌の原因にもなっていると聞きます。

構造上浄水器をつけられない浴槽の場合は お湯をためた浴槽に ビタミンC小さじ1杯ほど混ぜるだけで 消すことが出来ます。

ビタミンCを使った塩素除去用シャワーヘッドもアマゾンストアで 販売されていて とても安くで購入できます。

美肌になる方法、7空気清浄機を使用する

ほこりやハウスダストは肌の刺激になるので 空気清浄機は 1年中稼働させるほうが良いのだとか。

冬は加湿器も使用し 肌に負担をかけない環境を 作ることも大切なんだそうです。

以上美肌のための7つの習慣でした!

ちなみに この美肌習慣を教えてくださった ドクターは 実年齢40歳で 肌年齢は24歳の男性ドクターです。

このドクターが化粧品で お肌のお手入れをしているかどうかは 不明ですが 化粧品でのスキンケア以前に 美肌環境を整えることも 若々しいお肌を保つためには大切なことかもしれませんね!