コラーゲンを多く含む食べ物|コラーゲンを増やす食べ物

50代60代の年齢肌、お肌のハリつや不足、コラーゲンの減少が 原因かもしれません。

不足したコラーゲンを増やすには コラーゲンを多く含む食べ物、コラーゲンを増やす働きのある栄養素が含まれた食品を摂ることで 体内のコラーゲンを作り出す力が向上します。

コラーゲンを増やす食事でしわたるみケア

コラーゲンを多く含む食べ物、コラーゲンを増やす働きがある成分を紹介します。

毎日の食事の参考にして下さい♪

コラーゲンを多く含む食べ物

コラーゲンをたっぷりと含む食品には、動物性食品と海洋性食品が挙げられます。

動物性食品

豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉など。

牛、豚、鶏の骨を煮込んだ豚骨ラーメンのスープにもコラーゲンがたっぷりと含まれています。

海洋性食品

スッポン、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、カレイ、エビ、くらげなど。

スッポン鍋や中華料理などは、たっぷりコラーゲンを摂取できますね。

魚の皮は 捨てずに湯引きして鱗を洗い流し 細く刻んでポン酢で食べると美味しいです!

その他コラーゲンを多く含む食品

ゼラチン、ゼリー、プリン、杏仁豆腐など。

コラーゲンを多く含む食品は割と高カロリー

気を付けたいのは、コラーゲンが豊富に含まれる食品には高カロリーの物が多いということ。

そしてペプチド化していないコラーゲンを大量にとってもあまり効果は出ません。

これらの食品を、いっぺんに摂り過ぎると、栄養バランスを壊し 肥満の原因にもなってしまいますので 程々にしたほうが良さそうです。

肌のコラーゲンを増やす10のベストフード

 

コラーゲンの生成を助け コラーゲンの劣化を防ぐ成分が豊富な食べ物です。

脂肪分の少ない魚やお肉など良質のたんぱく質と一緒に摂るのがおすすめです!

様々な栄養素が豊富なキャベツ

コラーゲン産生成分を含む最もよく知られている食品の1つで、若々しいお肌のために欠かせない食品のひとつです。

ルテイン、チオシアン酸塩、ゼアキサンチン、イソチオシアネートおよびスルフォラファンのような抗酸化物質と 植物性栄養素は、皮膚のうるおいとハリを高めます。

キャベツは、繊維、ビタミンB6、葉酸、マンガンを含み、強い骨のために鉄、マグネシウム、リン、カルシウムを補い、高血圧を軽減するのに役立ちます。

ビタミンKも豊富で、骨代謝のプロセスを助け、 アルツハイマー病の予防にもなります。

ちなみに100歳を超える長寿の方がよく食べる食品第1位に キャベツが上げられていました。生で大量に摂るのは 大変ですので スープに入れたり 茹でたり蒸したりして 温サラダで食べるとたくさん摂ることが出来ます。

 

イソフラボン・豆腐などの大豆製品

シワやたるみを取り除くのを助け、つやのある肌のための食事に、豆乳やチーズのような大豆製品も おすすめです。

大豆中の天然植物ホルモン、イソフラボンのひとつゲニステリン(genistelin)は、皮膚にハリと弾力を与えるコラーゲンの産生を改善します。

大豆に含まれる 抗酸化物質は細胞の損傷、劣化の主な原因になる活性酸素の生成を制御し皮膚を保護します。

スキンケアでの抗酸化物質の、一番のおすすめポイントは、皮膚をしなやかにしてくれる点です。

 

抗酸化成分が豊富な赤い果物と野菜

リンゴ、サクランボ、イチゴなどの赤い果実、例えばトマト、赤いピーマン、赤いジャガイモなどの赤い野菜は コラーゲンを増やす老化防止食品として働きます。

赤い果物や野菜にはリコピンのような抗酸化物質が含まれ、コラーゲン産生を増加させます。

リコペンセスは細胞のDNA損傷を防ぎ、細胞の機能を改善  がん、黄斑変性、そして心臓病のリスクを軽減します。

リコピンのような抗酸化物質は、皮膚の健康を改善することによって、肌を若返らせハリのある若々しいお肌にしてくれます。

 

ヒアルロン酸・インゲンなどの豆類

健康な肌のために 食事に豆類をとり入れることもおすすめです。

豆類は重要な抗老化物質であるヒアルロン酸が含まれています。

また肌の滑らかさを保ち、肌の弾力を高め、コラーゲン合成を促し、健康な皮膚細胞の成長を促進し、健康な関節をサポートします。

どんな形でも豆は摂取でき、 もやし等の芽も とても栄養豊富です。

ヒアルロン酸は水分保持力が高く、肌を潤しシワを目立たなくしてくれます。

 

ビタミンAが豊富なニンジン

ニンジンにはビタミンAが豊富で、コラーゲン産生を促進し、皮膚の老化を引き起こすコラーゲンとエラスチンの分解を遅らせます。

またコラーゲン、エラスチン、毛細血管がある真皮を厚くし、線維芽細胞を刺激し、皮膚の表面への血流を改善する働きもします。

紫外線から肌を守り 表皮の細胞構造を修復し、シミや色素沈着を減少させメラニン色素の生成を抑えます

皮脂の過剰生成を抑えるので にきび予防にもなります。

ジュースにしたり 茹でて温野菜にして食べると沢山摂れて美味しいです!

 

亜麻仁とくるみはオメガ3脂肪酸が豊富です。

 

クルミ1/4カップで約2.7グラム、アマニ1/4カップで約6.3グラムのオメガ3脂肪酸を含んでいます。

オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸のひとつで  健康のために必要な脂肪酸ですが、私たちの体で作り出せない栄養素です。

心臓病のリスクを軽減し、脳機能、成長および発達を助けます。

過剰な紫外線が皮膚の細胞DNAを傷つける事により、皮膚癌につながる遺伝的変異を引き起こしますが オメガ3脂肪酸が豊富な食品は コラーゲン産生を増加させ、皮膚がんのリスクも低下させます。

オメガ3脂肪酸は 鮭やマグロ、イワシ、アジ、サバなど背の青い魚に多く含まれるDHA、EPAと同じ種類の脂肪酸です。

硫黄・ブラックorグリーンオリーブ

オリーブは、コラーゲン形成を促進する硫黄が豊富で  古くから皮膚炎のような皮膚のトラブルを治療するために使用されていました。

毛穴の詰まりを防ぎ 脂性肌、吹き出物、黒ずみ、赤い炎症などにきびの症状を軽減します。

硫黄は、石鹸、クレンザー、ローションのような多種多様なスキンケア製品にも配合されています。

硫黄はまた、身体の代謝を高める 酵素の働きに必要な成分です。

ビタミンCが豊富な果物

レモンとオレンジ柑橘類に多く含まれる ビタミンCは、コラーゲンの合成に必要不可欠な栄養素です。

ビタミンCは、活性酸素の損傷を遅らせる酸化防止剤です。

ビタミンCを含む健康なお肌のための果物には、イチゴ、パイナップル、オレンジ、パパイヤがあります。

ビタミンCはコラーゲン産生を増やして しわが出来るのを防ぎ、日焼けを自然に軽減し 、年齢に関連した肌のダメージを回復させる強力な抗酸化物質です。

植物ステロイド・アボカドオイル

アボカド油は植物ステロイドが多く、乾燥肌でお悩みの方におすすめです。

傷ついた皮膚細胞を再生して若返らせますので 老化防止にも とても効果的。

アボカドオイルはビタミンEが豊富で、活性酸素による損傷から皮膚を保護し、皮膚細胞を酸化から保護します。

またアボカドオイルもオメガ3脂肪酸を多く含み コラーゲン産生を増強し、皮膚癌のリスクを低下させます。

カルノシン・鶏肉・豚肉・牛肉などの肉類

 

日本では七面鳥はメジャーではありませんが肉類、特に七面鳥に多く含まれるというカルノシン

カルノシンは体内で自然に作られるアミノ酸で、 皮膚の老化やしわを軽減し、皮膚細胞を活性化させることで肌の弾力をサポートします。

乾燥肌、炎症を軽減し、コラーゲンとエラスチンの生産を増やして皮膚細胞の増殖を促進する亜鉛が多く含まれています。

亜鉛は身体の免疫システムを向上させ、高血圧を低下させ、心臓発作や脳卒中のリスクを軽減します。

また、耳や呼吸器感染症の予防にも役立ちます。

 

最新情報をチェックしよう!