コラーゲンサプリお試しおすすめランキング

60代になると 見た目だけでなく 足腰の痛み、筋力の衰えも気になりますが 膝コラーゲンサプリは 膝関節が気になる方にと表示が認可されているそうですので 骨粗鬆症や関節痛予防にも 是非取り入れてみたいのが コラーゲンサプリメントです。

コラーゲンサプリ、粉末、ドリンク、ゼリー、粒タイプと 種類が幾つかありますがここでは お得な価格でお試しできるコラーゲンサプリを中心に 紹介しています。

一通り試して コラーゲンの良さを実感できたら お気に入りのコラーゲンサプリを 継続して摂るのがおすすめです!

おすすめのコラーゲンサプリ人気ランキング

コラーゲン100%無味無臭の真っ白な顆粒状

ニッピコラーゲン100お試し

コラーゲンペプチド100%!

ニッピコラーゲンの特徴

  • コラーゲン業界シェアNo.1(41%)のニッピ、メーカー直販の高品質の食べるコラーゲンです。
  • 純度100%のコラーゲンが1日スプーン1杯、約5,000mg、コラーゲンメーカーだから出来る高品質で低価格だから続けやすいです♪
    スープやジュース、コーヒー、お料理に混ぜてどうぞ!

コラーゲン100%ということですので 出来たらビタミンCサプリなどと一緒に摂ると良いですね!

サプリなどに使用されるコラーゲンを作っているメーカーですので 品質的にも安心です。

購入者さんの口コミ

つめが丈夫になり40代の頃よりも60代になった今のほうが潤っている気がします!

【しっかり試せる約20日分】【送料無料】
ニッピ コラーゲン100お試し用(110g)

価格1,944円相当が999円! 

↓ ↓ ↓

理想的な食べるコラーゲン習慣!

 

コラゲネイドはじめてセット

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞

コラゲネイド

コラゲネイドの特徴
  • 国内原料シェア1位(世界4位)の「新田ゼラチン」が長年に渡って磨き上げた製造技術でつくった、高品質コラーゲンです。
  • 独自の分解技術により、体を調整する特定のペプチド(PO、OG)を たくさんバランスよく取り込める「コラぺプ®」を使用しています。

ニッピもコラゲネイドもお肌プリプリ コラゲネイドはボトルつきなのが便利です!

購入者さんの口コミ

股関節と膝の痛みが良くなりスポーツも出来るように!(60代女性)

つめかえ用パック 110g×1袋(1日5gで22日分)
ミニボトル(500ml)スプーン付き

定価2.376円⇒1.300円送料無料
↓ ↓ ↓
コラゲネイドはじめてセット

アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲン10000

高純度の低分子コラーゲン

ピュアコラーゲン1000の特徴
  • 独自に開発された高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」10,000mgと、シジミに含まれる話題の美容成分オルニチン400mgが配合されています。
  • さらにコラーゲンの生成に欠かせないビタミンC、セラミドなどの美容成分もバランス良く配合されています。
購入者さんの口コミ

髪の毛がきれいになったようでいつもの美容院で褒められてしまいました。爪も丈夫になってきたような気がします。(53歳・乾燥肌)

10日間お試し・初回半額1805円
↓ ↓ ↓

アスタリフトドリンクコラーゲン10000

ファンケルディープチャージコラーゲン

ディープチャージコラーゲンの特徴
  • 低分子コラーゲンよりも吸収性にすぐれたHTCコラーゲンを1000mg配合
  • 一般的な低分子コラーゲンはアミノ酸が100個程度つながった状態ですが ファンケルのHTCコラーゲンは、アミノ酸3個までにカットしてるため、 吸収性が高いです。
  • ビタミンC、コラーゲンとビタミンCを守るバラつぼ
    購入者さんの口コミ

    1日分のコラーゲンの量は他メーカーのものと比べて少ないのですが、吸収がいいのか効果は高いと思います。

ディープチャージコラーゲンお試し2週間分×2

(合計4週間分)780円通販初めての方送料無料

↓ ↓ ↓
ディープチャージコラーゲン詳しくはこちらから
おいしいコラーゲンドリンク

    天使のララ

    天使のララの特徴
    • 高純度原液無添加フィシュコラーゲン
    • 個包装だから携帯にも便利
    購入者さんの口コミ

    本当に自然に無理なく続けられます

    お試しキャンペーン10ml✕10袋1.080円送料無料
    ↓ ↓ ↓
    天使のララお試し詳しくわこちらから

    インナーリフティア

     

    インナーリフティアの特徴
    • ポーラオリジナルのセラクティブコラーゲン1.000mg、アミノ酸豊富なメロンの胎座から抽出した植物プラセンタ配合
    • 女性が特に不足しがちな鉄や、ヒアルロン酸、エラスチンをバランスよく配合されています。
    購入者さんの口コミ

    いいです!!!肌も髪も潤っている感じがします。

    インナーリフティア30包4.860円送料無料

    ↓ ↓ ↓

    【POLA】女性に嬉しい美容成分がこれ1つで。インナーリフティア コラーゲン&プラセンタ

     

    コラーゲンサプリの摂り方


    コラーゲンの1日の摂取量

    コラーゲンの1日の摂取量の目安は 1日の必要量が医学的に明確に定められているわけではありませんので正確な目安がありません。

    市販のサプリメントも製品によってコラーゲンの含有量は様々、臨床試験による科学的なデータもまだ十分には揃っていないようです。

    たんぱく質(コラーゲン以外も含む)の摂取量は 成人男性は60g、成人女性が50gが目安と言われています。

    そして妊娠授乳期は、10~20g程度多く摂ることが推奨されています。

    また、年齢による目安としては、体内のコラーゲン保有量が最大の20歳を100%とした場合、30歳で80%、40歳で60%、50歳で50%、60歳で25%、70歳で20%となります。

    50歳で若い頃の半分の量、肌がしわしわになるのも 納得できますね(涙)


    そういう理由で、加齢により保有量が減少するため 歳を取るほど摂取量を多くすることが 好ましいとのこと。

    また、実際のタンパク質の適正摂取量は 年齢や性別だけでなく、体重などによっても異なります。

    体重1kgあたり男性は1.24g、女性は1.20gを 摂取すると良いといわれています。

    体重50kgの場合だと 50g~60gですね!

    コラーゲンを サプリメントで摂る場合の1日の摂取目安は 5g~10g(5.000~10.000mg)が推奨されています。

    コラーゲンの摂取による美容健康効果は 短時間で実感できることもありますが 普通2ヶ月位の継続摂取で効果が出てくると言われています。

    美容と健康にいくら良いからと考えもなく沢山摂っても 身体の中でうまく活用できなければ意味がありません。

    質の良いコラーゲンを継続的に摂ることが大切です!

    継続的に摂取する

    コラーゲンを経口摂取すると 3時間程で血中のヒドロキシプロリンの血中濃度はピークなり時間とともに減少していきます。

    ですのでコラーゲンは継続的に摂取する必要があります。

    ある程度の量摂取する

    普通の食事でのコラーゲン摂取量では 血中のヒドロキシプロリンはあまり増えません。

    サプリメントなどで、大量のコラーゲンを経口摂取すると 腸管から吸収されたコラーゲンの特徴を持つ アミノ酸ヒドロキシプロリンが  ありえないほど増えるとのことです。

    線維芽細胞を活性化させコラーゲンを増やすには毎日、5,000mg~10,000mg(5g~10g)を摂取する必要があります。

    食事で摂るのが一番なのですが 必要量を食事で摂るのは なかなか困難で 多分カロリーオーバーで かえって美容にも健康にも悪影響です。

    お肌のコラーゲンを増やすには コラーゲンドリンクやコラーゲンサプリで摂ったほうが効率的です。

    またコラーゲンは 1週間摂ったら1週間お休みするというように 摂ったほうが お肌のコラーゲン量が増えるということが研究の結果 解っています。

    切らさず摂っていると マンネリ化し 反応が鈍くなってしまうのかもしれませんね。

    どちらにしても 半分の量で済むわけですから 経済的にも助かります。

    コラーゲン以外の配合成分

    コラーゲンサプリにはコラーゲン以外にプラセンタ、プエラリア他 様々な美容成分が 一緒に配合されたものもあります。

    信頼できるメーカーのものなら 心配は要りませんが 出来たらコラーゲン単体で ビタミンCと一緒に摂るくらいが 安心です。

    経済的に負担にならないなら コラーゲンと高品質のプラセンタ、ビタミンC辺りを 一緒に摂ると相乗効果を期待できるかも?

    サプリメントも あまり欲張りすぎて 色々とりすぎると 逆効果、肝臓や腎臓に負担を掛けて 健康を害することもありますので ほどほどにです。

    質の良いタンパク質も摂る

    コラーゲンは体内に取り込まれるとアミノ酸に分解されますが 私達の体に必要な

    • トリプトファン
    • リシン
    • メチオニン
    • フェニルアラニン
    • トレオニン
    • バリン
    • ロイシン
    • イソロイシン
    • ヒスチジン

    これらの必須アミノ酸は 体内では合成されません。

    ですから、コラーゲンとは別に 必須アミノ酸が豊富に含まれるタンパク質を摂ることも大切です。

    必須アミノ酸は主に肉、魚、卵、豆類に多く含まれています。

    コラーゲンの合成に必要な、ビタミンCを一緒に摂る

    コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ると体の中でコラーゲンが合成され、ハリのある美しい肌を作ることが出来ます。

    コラーゲンの量だけにこだわらず、いろんな栄養をバランスよく摂ることが大切です。

    エネルギーバランスに注意する

    コラーゲンはタンパク質の一種ですが、エネルギーの源、三大栄養素の糖質・脂質・タンパク質の3つのバランスも大切です。

    目安としてはタンパク質20%程度、脂質10%程度、糖質が50%~70%です。

    このバランスを意識し食事を摂るようにしましょう。

    コラーゲンの過剰摂取で、糖質・脂質・タンパク質のバランスが崩れると 過剰になったエネルギーが脂肪になって溜まり、肥満を引き起こすこともあり得ます。

    コラーゲンの摂取量は1日10g(10.000mg)を超えないことが望ましいです。

    コラーゲンはいつ摂ると効果的!?


    コラーゲンサプリは お薬ではありませんのでいつ飲んでもかまわないのですが 出来れば夕食のときか 就寝前に飲むことで より効果が高まると言われています。

    お肌のゴールデンタイムと言われる 午後10時~午前2時、成長ホルモンが活発に分泌されて、肌の代謝が高まる時間帯です。

    夜10時寝る前にコラーゲンを飲みきちんと睡眠をとることで お肌にハリと弾力を与えてくれます。

    サプリの摂取量を守る

    サプリメントや健康食品からコラーゲンを摂るときは、製品の摂取目安量を守って摂るようにしましょう。

    コラーゲンを多く含む食品

    コラーゲンをたっぷりと含む食品には、動物性食品と海洋性食品が挙げられます。

    動物性食品

    豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉など。

    牛、豚、鶏の骨を煮込んだ豚骨ラーメンのスープにもコラーゲンがたっぷりと含まれています。

     

    海洋性食品

    スッポン、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、カレイ、エビ、くらげなど。

    スッポン鍋や中華料理などは、たっぷりコラーゲンを摂取できますね。

     

    その他コラーゲンを多く含む食品

    ゼラチン、ゼリー、プリン、杏仁豆腐など。

    気を付けたいのは、コラーゲンが豊富に含まれる食品には高カロリーの物が多いということ。

    そしてペプチド化していないコラーゲンを大量にとってもあまり効果は出ません。

    これらの食品を、いっぺんに摂り過ぎると、栄養バランスを壊し 肥満の原因にもなってしまいますので 程々にしたほうが良さそうです。

    低カロリーのコラーゲンをたっぷり摂取するにはやっぱりコラーゲンサプリ、ドリンクなどを利用するのが正解かもしれません。

    肌のコラーゲンを増やす10のベストフード

    コラーゲンの生成を助け コラーゲンの劣化を防ぐ食べ物です。

    キャベツ

    コラーゲン産生成分を含む最もよく知られている食品の1つで、若々しいお肌のために欠かせない食品のひとつです。

    ルテイン、チオシアン酸塩、ゼアキサンチン、イソチオシアネートおよびスルフォラファンのような抗酸化物質と 植物性栄養素は、皮膚のうるおいとハリを高めます。


    キャベツは、繊維、ビタミンB6、葉酸、マンガンを含み、強い骨のために鉄、マグネシウム、リン、カルシウムを補い、高血圧を軽減するのに役立ちます。

    ビタミンKも豊富で、骨代謝のプロセスを助け、 アルツハイマー病の予防にもなります。

    ちなみに100歳を超える長寿の方がよく食べる食品第1位に キャベツが上げられていました。

    生で大量に摂るのは 大変ですので スープに入れたり 茹でたり蒸したりして 温サラダで食べるとたくさん摂ることが出来ます。

    豆腐などの大豆製品

    シワやたるみを取り除くのを助け、つやのある肌のための食事に、豆乳やチーズのような大豆製品も おすすめです。

    大豆中の天然植物ホルモン、イソフラボンのひとつゲニステリン(genistelin)は、皮膚にハリと弾力を与えるコラーゲンの産生を改善します。

     

    大豆に含まれる 抗酸化物質は細胞の損傷、劣化の主な原因になる活性酸素の生成を制御し皮膚を保護します。

    スキンケアでの抗酸化物質の最も重要な利点の1つは、皮膚をしなやかにしてくれる点です。

    抗酸化成分が豊富な赤い果物と野菜

    リンゴ、チェリー、イチゴ、赤い野菜のような赤い果実、例えばトマト、赤いピーマン、赤いジャガイモはコラーゲンを増やす老化防止食品として働きます。

    赤い果物や野菜にはリコピンのような抗酸化物質が含まれ、コラーゲン産生を増加させます。

    リコペンセスは細胞のDNA損傷を防ぎ、細胞の機能を改善  がん、黄斑変性、そして心臓病のリスクを軽減します。

    リコピンのような抗酸化物質は、皮膚の健康を改善することによって、肌を若返らせハリのある若々しいお肌にしてくれます。

    インゲンなどの豆類

    健康な肌のために 食事に豆類をとり入れることもおすすめです。

    豆類は重要な抗老化物質であるヒアルロン酸が含まれています。

    ヒアルロン酸は水分保持力が高く、肌を潤しシワを目立たなくしてくれます。

    また肌の滑らかさを保ち、肌の弾力を高め、コラーゲン合成を促し、健康な皮膚細胞の成長を促進し、健康な関節をサポートします。

    どんな形でも豆は摂取でき、 もやし等の芽も とても栄養豊富です。

    ビタミンAが豊富なニンジン

    ニンジンにはビタミンAが豊富で、コラーゲン産生を促進し、皮膚の老化を引き起こすコラーゲンとエラスチンの分解を遅らせます。

    またコラーゲン、エラスチン、毛細血管がある真皮を厚くし、線維芽細胞を刺激し、皮膚の表面への血流を改善する働きもします。

    また紫外線から肌を守り 表皮の細胞構造を修復し、シミや色素沈着を減少させメラニン色素の生成を抑えます。

    皮脂の過剰生成を抑えるので にきび予防にもなります。

    オメガ3脂肪酸を含む亜麻仁とクルミ

    亜麻仁とくるみはオメガ3脂肪酸が豊富です。

    クルミ1/4カップで約2.7グラム、アマニ1/4カップで約6.3グラムのオメガ3脂肪酸を含んでいます。

     

    オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸のひとつで  健康のために必要な脂肪酸ですが、私たちの体で作り出せない栄養素です。

    心臓病のリスクを軽減し、脳機能、成長および発達を助ます。

    過剰な紫外線が皮膚の細胞DNAを傷つける事により、皮膚癌につながる遺伝的変異を引き起こします。

    オメガ3脂肪酸が豊富な食品は コラーゲン産生を増加させ、皮膚がんのリスクも低下させます。

    ブラックorグリーンオリーブ

    オリーブは、コラーゲン形成を促進する硫黄が豊富で  古くから皮膚炎のような皮膚のトラブルを治療するために使用されていました。

    毛穴の詰まりを防ぎ 脂性肌、吹き出物、黒ずみ、赤い炎症などにきびの症状を軽減します。

    硫黄は、石鹸、クレンザー、ローションのような多種多様なスキンケア製品に配合されています。

    硫黄はまた、身体の代謝を高める 酵素の働きに必要な成分です。

    ビタミンCレモンとオレンジ

    レモンとオレンジ柑橘類に多く含まれる ビタミンCは、コラーゲンの合成に必要不可欠な栄養素です。

    ビタミンCは、活性酸素の損傷を遅らせる酸化防止剤です。

    ビタミンCを含む健康なお肌のための果物には、イチゴ、パイナップル、オレンジ、パパイヤがあります。

    ビタミンCはコラーゲン産生を増やして しわが出来るのを防ぎ、日焼けを自然に軽減し 、年齢に関連した肌のダメージを回復させる強力な抗酸化物質です。

    アボカドオイル

    アボカド油は植物ステロイドが多く、乾燥肌でお悩みの方に最適です。

    損傷した皮膚細胞を再生して若返らせますので 老化防止にも とても効果的。

     

    アボカドオイルはビタミンEが豊富で、活性酸素による損傷から皮膚を保護し、皮膚細胞を酸化から保護します。

    またアボカドオイルもオメガ3脂肪酸を多く含み コラーゲン産生を増強し、皮膚癌のリスクを低下させます。

    鶏肉・豚肉・牛肉などの肉類

    日本では七面鳥はメジャーではありませんが肉類、特に七面鳥に多く含まれるというカルノシン

    カルノシンは体内で自然に作られるアミノ酸で、 皮膚の老化やしわを軽減し、皮膚細胞を活性化させることで肌の弾力をサポートします。

    乾燥肌、炎症を軽減し、コラーゲンとエラスチンの生産を増やして皮膚細胞の増殖を促進する亜鉛が多く含まれています。

    亜鉛は身体の免疫システムを向上させ、高血圧を低下させ、心臓発作や脳卒中のリスクを軽減します。

    また、耳や呼吸器感染症の予防にも役立ちます。

    コラーゲンを増やして 若々しいお肌を保つために これらの食品を 意識して摂るようにしたいですね!