粉末コラーゲン効果おすすめのコラーゲンサプリ

歳を取るごとに、代謝が衰え 肌のコラーゲン、エラスチンなどを作り出す力も衰えて、皮膚のたるみが始まります。

いつまでも若々しいお肌でいたいものですが 歳月と共に シワは増えるし髪も痩せてボリュームはなくなるし・・・。

身体の老化は20代なかばから始まり年齢とともに 身体の機能が低下して肌が老化していくのは自然なこと 仕方ないですけどね。

肌老化の原因は加齢だけではありません。

ストレス、不健康な生活習慣、有害な加工食品やファストフードの過剰摂取、カフェイン、アルコール、喫煙、汚染、運動不足なども、肌の老化を早めてしまいます。

 

粉末コラーゲンならニッピコラーゲン100がおすすめ

 

粉末コラーゲン、ドリンクなど 数あるコラーゲンサプリですが 純度100%のものは 殆どありません。

その分 プラセンタなど他の栄養素を配合している商品もありますが 高価なものが多いです。

ドラッグストアのコラーゲンサプリも いくつか試して見たのですが 品質の良さでニッピのコラーゲン100を選びました。

ニッピコラーゲンはコラーゲンペプチド国内販売量第1位。

コラーゲンペプチド純度100%、1日スプーン1杯で5.000mgのコラーゲンが摂取できます。

コラーゲンペプチド

コラーゲンが身体に吸収されやすいように 低分子化したものをコラーゲンペプチドと呼びます。

 

コラーゲンは鳥の皮やフカヒレ、ゼラチンなど 食品にも多く含まれていますが そのままでは分子が大きくて 身体に吸収されづらいのだとか・・・。

そしてコラーゲンを多く含む食品は カロリーも高め、食品からコラーゲンを摂取するのは あまり効率的ではありません。

分子の大きいゼラチンは 冷たい水では 溶けませんが ニッピのコラーゲン100は 粉末タイプのコラーゲンですが 冷たい水にもさらっと溶けます。

 

しばらく置いておくと透明な水のようになります。

 

無味無臭で さらっとした 飲み心地、しばらくすると唇が少し ベタッと感じるので やっぱりコラーゲンなんだと実感できます。

お味噌汁に入れたりココアに混ぜたり なんにでもさらっと溶け 味も変わらないので摂りやすいです。

ちょっと思ったんですが 化粧品に配合されている低分子コラーゲンも同じ成分なんでしょうね(*^_^*)

コラーゲンは25歳を過ぎるとどんどん減っていく!?

コラーゲンは加齢とともに段々と減っていき 60歳になると若い頃の3/1近くまで減少してしまうそうなんです。

コラーゲンを1日5.000mgから10.000mg摂取することで お肌の線維芽細胞が刺激され コラーゲンの生成が促されることが分かっています。

コラーゲンを摂ると アミノ酸に分解され腸から吸収され血液に乗って 体全体に行き渡ります。

この時コラーゲンにだけ含まれる特殊なアミノ酸ヒドロキシプロリンの働きで 皮膚の再生信号が送られるんだそうです。

この働きは コラーゲンを摂って2~3時間後なんですが 飲んで暫くすると身体が温まるような 感じがするのはこのアミノ酸の働きなのかも?

私は飲みはじめて まだ1ヶ月ほどなのですが 肌が内側から ぷるんとして手で触るともっちり、爪も髪も元気になって来たような・・・。

コラーゲンサプリメントは沢山ありますが 高品質のコラーゲンを低価格でとお考えの方は ニッピのコラーゲン100をおすすめします!

 

たっぷり20日分、1.944円が初回特別価格999円送料無料

↓ ↓ ↓

理想的な食べるコラーゲン習慣!

定期便ではありませんので 安心してお試しください♪

ニッピコラーゲン100の口コミレビュー

爪に効果
●高齢の母のために、ニッピのコラーゲンを飲みはじめてから爪が割れません。高齢者には必要な栄養素だと思います。

●10年近く二枚爪に悩んでいましたがコラーゲンを飲みはじめて3週目、爪がきれいに伸びているのに気が付きました。

膝の痛み
●股関節が痛く歩きづらかったのが 痛みが軽くなりました。

●膝がコキコキなり痛みがあったのが 1週間位でコキコキも痛みも和らぎました。

ハリとみずみずしさ
●今までの乾燥と肌の疲れが嘘のようです。

●1日4杯飲んだら  顔のハリとゆるみが大きく改善。

●ニッピのコラーゲン100飲みはじめて2年目 50代なのに40代前半に見られ 肌ツルツルできれいと言われます。

コラーゲンは 1週間摂ったら1週間お休みして また1週間摂るというふうに 摂ったほうが 効果が上がるという実験結果があります。

ニッピのコラーゲンの場合だと 1日スプーン1杯5g(5.000mg)1週間おきに摂ると1月1.350円、2杯でも2.700円です。

ビタミンCも一緒に摂ると しわたるみ年齢肌対策には更に効果的ですよ。

ニッピコラーゲン詳細はこちらから!

 

コラーゲンとはどんなもの?

コラーゲンは、皮膚や関節など動物の結合組織に最も多く在るタンパク質です。

コラーゲンは タンパク質のもとアミノ酸からできていて、グリシン、プラリン、ヒドロキシプロリンおよびアルギニンのような特定の アミノ酸が含まれています。

コラーゲンは 腱、骨、靭帯、そして皮膚に存在し 体内のタンパク質の約30%を占めていて 軟骨、角膜、骨、血管、腸、椎間板、歯にも存在しています。

肌にしなやかさや弾力を与え、皮膚細胞が生まれ変わるのを助けるなど 私たちの身体にとって無くてはならないものです。

靭帯は、骨と骨、軟骨を接続する柔軟性のある結合組織で 腱は、筋肉と骨をつなぐ伸縮性のある結合組織です。

腱と筋肉は骨を動かすために一緒に働き  骨、靭帯、腱、骨格筋は、最も重要なタンパク質の1つとして知られているコラーゲンでできています。

年齢とともに 足腰が弱くなってしまうのは コラーゲン不足が大きく影響しているのでしょうね。

肌でのコラーゲンの働き

シワやたるみ 肌の老化は自然な現象です。


コラーゲンは、私たちの肌ハリと弾力を与え、若々しく保つ 最も重要なタンパク質の1つで 体全体にあり、全部で29種類のコラーゲンが研究によってみつけられています。

アミノコラーゲンCとヒアルロン酸で構成されたタイプ1のコラーゲンは、皮膚の健康に重要な役割を果たしています。

それは肌の老化を防ぎ、私たちの皮膚にハリと潤いを与えます。

加齢とともにコラーゲンを作り出す力が衰え 肌のコラーゲン量が減って シワやたるみが増えていきます。

コラーゲンは皮膚からは吸収されません

肌のコラーゲン不足を補おうと コラーゲン化粧品で せっせとお手入れしたこともあるのですが コラーゲン化粧品でいくらお手入れしても 残念ながら コラーゲンは皮膚からは吸収されません。


どんなに頑張っても角質層までしか浸透しません。

肌のコラーゲンにはなってくれませんが 保湿効果は高いですので 全然無駄ではないのですが・・・。

体内のコラーゲン量を増やそうと サプリメントで摂取している方も多いと思います。

コラーゲンサプリメントは、しわたるみ、肌の年齢を抑え、肌を引き締め、潤いを与え、肌の弾力を改善するのに役立ちます。

50代60代になると気になり始める 肘や膝などの関節痛、骨粗鬆症予防のためにも おすすめです。

毎日の食事でも コラーゲンを増やす効果のある食品を意識して摂るようにしたいですね 。

コラーゲンサプリの効果!?

コラーゲンドリンク、コラーゲンサプリは 現在種類も豊富に販売されていますが コラーゲンを飲んで本当にお肌のコラーゲンを増やすことが出来るのでしょうか?

この事については賛否両論でしたが コラーゲンの経口摂取で線維芽細胞が活性化され 結果コラーゲンが増えると言う研究結果が多数報告されています。

成長ホルモンの分泌が活発な若い方より 50代60代でお肌の衰えが気になる方のほうが コラーゲン摂取の効果を実感しやすいそうです。

長年の研究成果により コラーゲンは関節・骨・筋肉・歯にも深いかかわりがあることがわかってきました。

コラーゲンはタンパク質ですので 食べても体の中で アミノ酸に分解されますので 直接お肌のコラーゲンになってくれるわけではありません。

ところが最近の研究で コラーゲンを大量に摂取することで 血中にコラーゲンにしか存在しない特殊なアミノ酸ヒドロキシプロリンが増加し皮膚の線維芽細胞を刺激し コラーゲンの生成を促すのではという見解がされるようになりました

食べて「美肌」「関節」に期待する効果が現れるかは 現時点での科学的知見では「分からない」ということなのですが・・・。

線維芽細胞の活性化

美肌の元になる コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は お肌の奥の線維芽細胞で作られています。

人の成長と代謝に関わる成長ホルモンは思春期をピークに 段々と減少し60歳では思春期の25%になり代謝が衰え 線維芽細胞の働きも低下して 肌のターンオーバーも遅くなってしまいます。

成長ホルモンの分泌低下で年齢とともに代謝が落ちてしまうのは仕方のないことなのですが コラーゲンの摂取で 線維芽細胞が活性化するということは コラーゲンを増やすだけでなく 身体の代謝もアップすると言うことですよね(*^_^*)

どうして線維芽細胞が活性化するのか

怪我や火傷をすると傷口から 血中に ヒドロキシプロリンが放出されます。

するとそれがスイッチになり 身体が損傷した皮膚を大急ぎで再生しようと線維芽細胞を活性化しコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成をはじめます。

コラーゲンを経口摂取すると 分解されたアミノ酸ヒドロキシプロリンが腸管から吸収され 血中に入ることで 皮膚が損傷した場合と同じ状態になり 身体が勘違いし線維芽細胞の活性化を促すのではと言われています。

線維芽細胞が活性化することで お肌の生まれ変わりが促され 肌にハリ・ツヤが出るということです。

最新情報をチェックしよう!