エイジングケアサプリメントで 見た目年齢若返り

エイジングケアサプリメント


50代、60代 お肌の衰えが気になりますね。

本当の若返りは無理としても お肌に少しでも ハリと弾力を取り戻せたら 見た目年齢を若返らせることは 出来るのではないでしょうか!?

お肌と健康のために 栄養のバランスの取れた食事を心がけたいですが 食事では どうしても不足しがちな栄養素もあります。

忙しい毎日 サプリメントなら不足しがちな栄養素をいつでも 手軽に摂ることが出来ます。

サプリメントは健康補助食品とも呼ばれ いつ飲んでも問題ありませんが 効果を挙げようと 一度に沢山飲んだり 間違った摂り方をすると 体に負担をかけてしまうこともあります。

ここでは エイジングケアときれいなお肌を作るために おすすめのサプリメント成分を紹介します。

エイジングケアサプリメント成分

アスコルビン酸(ビタミンC)

すぐれた抗酸化力を持ち メラニンの生成を抑え シミ・くすみを改善する効果が期待できます。

またコラーゲンの生成にも 欠かせない成分です。

ビタミンCは 摂って数時間後には 尿と一緒に排泄され 体内に蓄積できませんので 一日数回に分け 毎日こまめに摂るようにしましょう。

コラーゲン


コラーゲンは肌の奥の真皮で 網目状のネットワークを作り マットレスのスプリングのように 肌の弾力を保っています。

加齢で作り出される量が減ったり、酸化により変性したりして 肌の弾力がなくなり シワ・たるみ肌になってしまいます。

コラーゲンを食べても塗っても 直接お肌のコラーゲンになるわけではありません。

ですがある程度の量(1日5.000mg) 摂取することで アミノ酸に分解され この時コラーゲン独自の特殊なアミノ酸ヒドロキシプロリンが 線維芽細胞に信号を送り コラーゲンの生成を促すと言われています。

コラーゲンを摂りはじめて お肌のハリや潤いだけでなく つめや髪が丈夫になって来たとおっしゃる方も多いです。

コラーゲンは美肌だけでなく 年齢で衰えがちな 骨や血管の健康にも 欠かせない栄養素です。

エラスチン

エラスチンはゴムのような弾力のある繊維でコラーゲンのところどころを つなぎ止めるように支え 肌にハリや弾力を与えます。

エラスチンも加齢とともに減ってしまいシワやたるみの原因になってしまいます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチンで作られた お肌の網目状の組織のすき間を埋めるている成分です。

水分保持力が高く ゼリー状なので 弾力がありお肌のうるおいと柔らかさを保ちます。

プラセンタ

 


哺乳類の胎盤から抽出される美容成分で アミノ酸やタンパク質・脂質・糖質の三大栄養素、ビタミン・ミネラル・核酸・酵素などあらゆる栄養素が含まれています。

シミ・しわなどのエイジングケア、美白効果、疲労回復、更年期障害の症状の緩和なども期待できると言われています。

イソフラボン


大豆の芽の部分に特に多く含まれる植物ポリフェノールのひとつ、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすると言われ 高い抗酸化力とヒアルロン酸の生成を助けるなど エイジングケアにおすすめと言われています。

大豆製品から摂った大豆イソフラボン(ダイゼイン)は 腸から吸収されるのですが このイソフラボンをエクオールに変える菌を持っている人と持っていない人では 効果に差が出ることが分かってきました。

ですので 最近はイソフラボンより エクオールに注目が集まっています。

エクオール

大豆イソフラボンを エクオールの形にしたサプリメント エクオール産生菌を配合した乳酸菌サプリなどがあります。

ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パテント酸、葉酸、ビオチンなどのビタミンB群は 肌細胞の代謝に大切な成分です。

ビタミンB群のサプリメントを取る場合は なるべく多くの種類が配合されたエイジングケアサプリメントを摂ることで 相乗効果も期待できます。

ビタミンE


血管を強くし血行を良くする働きを持っています。

血行が良くなることで お肌に必要な栄養素が身体の隅々まで行き渡り 肌荒れを防ぎ健康な肌へと導いてくれます。

その他にも 肌の代謝に欠かせない亜鉛、細胞を保護するCOQ10、活性酸素からお肌を守る抗酸化成分アスタキサンチン、レスベラトロール、ピクノジェールなどがおすすめです。