シワ・たるみに効く化粧品、おすすめのエイジングケア成分

50代から60代、しわに加えてたるみまで・・、眉間、目元のしわとたるみ、ほうれい線、頬のたるみ、マリオネットライン、たるみ毛穴、なんとかしたいですよね!

シワの原因は お肌の乾燥もですが 実際はたるみと同じく 肌のハリと弾力の元 真皮のコラーゲンやエラスチンの減少と変性劣化と加齢による表情筋の衰えが 主な原因です。

 

シワ・たるみケアには 肌のハリと弾力のもと コラーゲンの生成をサポートしてくれる エイジングケア成分が配合された化粧品でのお手入れがおすすめです!

化粧品は お薬ではありませんので 残念ながら 加齢によるしわたるみに効くとは言えません。

ですが お手入れをするとしないでは やっぱりお肌は違ってきます。

シワ・たるみに効くコラーゲンを増やすエイジングケア成分

お肌のはりつやの元 コラーゲンは真皮の中にある線維芽細胞で作られています。

ところが 女性ホルモンの減少で40歳を過ぎると新しいコラーゲンの産生量は激減してしまいます。

50代になるとお肌のコラーゲンの減少が表面化して 急にシワ・たるみが目立ち始めますよね・・・。

肌の老化、年齢だから仕方が無いのかもしれませんが どうにか出来るならどうにかしたいです。

外から与えるコラーゲンは定着しない

減ってしまったコラーゲンを補うのなら コラーゲン化粧品がいいのかもと思い 調べてみました。

コラーゲン化粧品は沢山あって テレビのCMでもよく見かけますし なかなか人気のようです。

ですが スキンケアに関する書籍を 調べていくうちに コラーゲンは分子が大きくお肌の中まで浸透することはできないと知りました。

低分子化したコラーゲンペプチド配合の化粧品もありますが 肌は異物を受け付けませんので たとえ浸透したとしても 肌のコラーゲンとしては定着はしてくれません。

保湿効果は高いですので 低分子コラーゲン化粧品でのお手入れも 全く無駄だとは言えないのですが・・・。

皮膚科クリニックの吉木和子先生の著書で 見つけたのが しわたるみケアにおすすめの化粧品は コラーゲンを増やす効果のある成分が配合された化粧品です。

しわたるみケアにおすすめの成分

実際に効果の高いものはビタミンC 誘導体、ナイアシン(ビタミンB3)、レチノール(ビタミンA)などで、この3つは真皮まで浸透し線維芽細胞の働きを活性化させコラーゲンの生成を促す作用があると言われています。

最近はEGF(上皮細胞増殖因子)配合の化粧品も 肌の生まれ変わりを促すと注目を集めています。

真皮じわたるみ対策は 肌にはりを与える お手入れと 肌の大敵、紫外線による肌の酸化(老化)からお肌を守ることが大切です。

どれも人気のエイジングケア成分ですので シワ・たるみ化粧品を選ぶ時の参考にしてみてください。

ビタミンC誘導体

ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくい成分です、肌に浸透されやすい形にしたものをビタミンC誘導体といいます。

体内のコラーゲンの生成に必要な成分でビタミンC誘導体は、コラーゲンを作る基底層でビタミンCに変換され、ビタミンCがコラーゲンの合成を促進し、しわたるみをケアします。

ビタミンC誘導体化粧品の使用方法

朝晩のスキンケアに、顔全体に使います。ビタミンC誘導体は美顔器でイオン導入を行うとただつけただけより20倍も浸透が良くなります。

ビタミンCは紫外線の影響を受けやすいですので日中はファンデーションや日焼け止めでUVケアをしましょう。

ナイアシン(ビタミンB3)


ナイアシンは脂質、糖質、たんぱく質の代謝に不可欠の成分で、血液の流れをよくする作用もありますので、コラーゲンの合成を高めお肌の新陳代謝を活性化させ、肌に張りを与えます。

ビタミンC誘導体、レチノールに比べ刺激が少ないのでお肌の弱い方のしわたるみケアにおすすめです。

水溶性の成分ですので、化粧水、美容液に配合されることが多いです。

ナイアシンの使用方法
朝晩のスキンケアに、顔全体に使います。

レチノール(ビタミンA)

レチノールはビタミンAの一種で肌のターンオーバーを促しコラーゲンを増やす働きがあります。

目元の小ジワや浅いシワのお手入れにはおすすめですが 効果の高い反面少し刺激が強いので肌の弱い方は注意が必要です。

たるみや深いシワにはお手入れの効果を実感しにくいかもしれません。

油溶性ですので 美容液、クリームなど、アイクリームに多く配合されています、シミにも有効な成分です。

レチノールの使用法

日光に当たると効果が弱まるので夜のお手入れに使うほうがおすすめです。

朝使う場合はファンデーションでカバーしましょう。ピーリングケアの後に使うと浸透がよくなります。

使いはじめは 肌がカサつくことがありますが慣れてくることが多いです。

ピーリング+レチノール

週に1~2回のピーリングケアで  古く厚くなった角質を除去し 肌のターンオーバーを促すことでコラーゲンの産生をサポート、ピーリングによりシワたるみケア化粧品の馴染みも良くなります。

シワにはレチノール配合の化粧品がおすすめですがお肌の弱い方はビタミンC誘導体かナイアシンがよいです。

レチノール化粧品の効果と使い方紹介しています

AHA(フルーツ酸)

ピーリング化粧品で使われる成分は、AHAフルーツ酸は りんごのリンゴ酸、ぶどうの酒石酸、柑橘類のシトラス酸、玉ねぎに含まれる グリコール酸など果物や野菜に含まれる酸です。

肌にやさしく 肌に乗せているだけで角質層の結合力を弱める作用があり、ゴシゴシこする必要はありません。

ピーリングの後ビタミンC誘導体配合の化粧品でお手入れすることで 肌にはりを与えます。

フラーレン

ビタミンCの172倍の抗酸化力を持つと言われ 発見者はノーベル化学賞を受賞している注目の成分、フラーレンは活性酸素を無害化すると言われています。

肌の酸化=老化と言われていますので 抗酸化力のある成分は しわたるみ予防の強い味方です。

DMAE

250ナノメートルの低分子のDMAEは角層の深くまで作用し 肌環境を整えます。

シワたるみの原因のひとつは 神経伝達物質アセチルコリン量の減少による 筋肉の緩みと言われています。

DMAEは 人の体の中で作られる必須脂肪酸のひとつで DHAやEPAと同じく イワシやサバなどの魚類に多く含まれる成分です。

アセチルコリンの生成を促し、神経伝達を活性化させ ゆるんだ筋肉にアプローチしDMAEを増やすことで肌のハリ、シワ・たるみケアにおすすめと言われています。

プラセンタ

 

プラセンタとはご存知、哺乳類の胎盤のことで 美肌に不可欠なアミノ酸・核酸・ビタミン・ミネラルといった必須成分はもちろん エイジングケア成分であるEGF・FGFも含む美の宝庫です。

チロシナーゼを抑制する効果もあり プラセンタ化粧品はシミ・くすみのお手入れにもおすすめです。

プロジェリン

プロジェリア症候群と言う通常よりも約10倍早く老化してしまう難病の研究から発見されたペプチド(タンパク質)。

コラーゲンとエラスチンをサポートすると世界的に認められたエイジング成分です。
しわたるみ成分

エイジングケア成分で線維芽細胞を活性化

若々しいお肌のもと コラーゲンは 角質層の奥の真皮にある線維芽細胞で作られています。


化粧品は角質層までしか浸透しませんが 真皮の線維芽細胞に働きかけ コラーゲンやエラスチンをサポートする成分があります。

実際に効果があると言われている成分は ビタミンC、ナイアシン、レチノールなどです。

EGFなどのペプチド、プロテオグリカン、プラセンタ、卵殻膜エキス、幹細胞配合の美容液なども しわたるみ対策におすすめです。

シミ・シワ・たるみ、エイジングケア化粧品は 高価な成分が配合されている分 お値段もちょっと高めです。

ラインで揃えるのが無理なら いつものスキンケアに 美容液だけでもプラスしてみるとよいかもしれません。

できたら美顔器でのお手入れも 取り入れるとしわたるみケアの効果も 一段とアップします。

最新情報をチェックしよう!